私のFlickr

2008年08月01日

トイカメラの種類と選び方

トイカメラを買おうとしてから、悶々とした日々を過ごすことになりました。
というのも、意外にトイカメラは種類が多いのですよ。

ということで、色々悩んで、調べたことをこれからトイカメラを買う人のために参考までに少し書いてみたいと思います。

まず、トイカメラには下記の種類が主にあると思います。
・Holga
・LOMO
・Diana+
・その他(ピンホールカメラ、フィッシュアイカメラ)

それではそれぞれの特徴とともに示していきたいと思いますね。・Holga120N
 Holga120のシリーズには、まず大まかにプラスチックレンズのHolga120N,FN,CFNと、ガラスレンズのHolga120GN,GFN,GCFNがあります。ここで大きく趣味がわかれるところだと思います。ガラスレンズのものを持ってないので詳しくはわからないのですが、ガラスレンズの方が、ピント面でシャープで、濃い色の描画をするとのことです。過激なホルガと呼ばれています。しかしながら、ガラスレンズのものは、昔はwocaと呼ばれていて、Holgaとは異なるカメラとしてありました。なので伝統的なHolgaという意味ではプラスチックレンズかなって思っています。あと柔らかい描画が気になっているので、プラスチックレンズを私は選びました。(でもガラスレンズのものも欲しいです。)
 あと、Fが付いているものはフラッシュ付きの物。Cが付いているのはカラーフィルタが付いているもののことです。カラーフラッシュは、結構特殊な効果の写真が撮れます。そうゆう意味では楽しそうですが、ちょっと極端な写真なので使えこなさそうなので、カラーフラッシュ付きのものは止めました。私が買ったのはHolga120Nですが、これは何も付いていないモデルですが、後付けでフラッシュなども付けれるとのことなので、欲しくなったら後から付ければいいかなって考えてます。(あと、元から付いているモデルのものはフラッシュ部が壊れ易いとの噂もあったので)
 あと、Holga135は、35mmフィルムが使えるお手軽モデル。ちゃんと周辺減光も出るみたいですし、このモデルも迷ったのですが、やっぱり真四角フォーマットをやってみたかったので、ブローニーフィルムを使うHolga120Nの方にしました。でも、Holga135は様々な付属品もありますし、この選択肢もありですよね。
 最後に、なによりも魅力的なのがその値段です。Holga120Nなら5000円くらいで買えてしまいます。

・LOMO
 ここで言うLOMOは、”Lomo LC-A+”のことです。これの欠点はまず価格、30000円くらいするのでその時点で個人的には無しでした。更に近年発売されているLomo LC-A+は、その写りが良くなりすぎて普通のカメラとあまり変わらなくなってきているとの情報もあり、それだとあまり意味が無いなぁーと思ったわけですよ。
 ちなみに古いLomo LC-A+なら今でも少し欲しいという気持ちはあります。というのもやはりシャッター速度をある程度いじれるということはありがたいと思うのですよ。Holgaだとシャッタースピード、しぼり一定なのでかなり失敗が多くなるのと、撮影が限定されてしまうことがあるのですよ。更にリバーサルはほとんど無理なんじゃないでしょうか?そう言った意味でもこのLomo LC-A+の意味はあると思います。
 ただ個人的な考えとしては偶然に頼るのも良いのではないかと思っています。それもまた出会いというか。

・Diana+
 これはかなり迷いましたね。比較的最近再販されたものになります。元のDianaはHolgaよりも古いらしく、トイカメラの原点とも言えるものだと思います。その再販のDiana+は、全体的に卒がなく、欲しくなる要素を沢山備えています。特徴は、
 *プラスチックレンズ
 *デザインがかなり良い。(ブルーの部分がかなりお気に入り)
 *写りもトイカメラちっく。
 *周辺減光もいい感じ
 *ピンホールレンズも楽しめる。
 *パノラマ撮影も可能。
 *5.2×5.2cmという正方形で小さなフォーマットも出来る。

などです。とにかくデザインが良いことが良かったのですよ。今でも欲しく思います。ただ、最後にDiana+を選ばなかった理由は、
 *シャッター速度が1/60(Holga120N 1/100)
 *レンズの75mm(Holga120N 60mm)とやや標準よりなこと。
 *シャッターレリーズがない?

といったことが理由ですかね。
ただ、この辺りもどれほど問題になるのかわからないですがね。ただ、Holga120Nを買った感覚としてはHolga120Nも十分デザインが良かったことですかね。

・その他
 この辺はあまり調べてないので簡単に選ばなかった理由を書きますが、フィッシュアイはちょっと特殊すぎるので、これ単機能ではいらないかなっと。欲しくなったらHolgaの前にレンズを置けばいいかなって。
 次に、ピンフォールカメラはちょっと読めないこともあって止めました。実は結構興味があるのですがね。まあ、まだ先の話そうです。

ということで、トイカメラの話。どうだったでしょうか?色々種類があるものです。実はもっといっぱい種類があるのですがね。他はあまり詳しくないので。
更には、最近はトイデジカメというジャンルも現れ、楽しさがますばかりです。トイデジカメは、売り切ればっかりでびっくりしますね。確かに欲しくなる気持ちもわかりますがね。

これからクラシックカメラとともにトイカメラも楽しんでいきますね。益々楽しみが増えて嬉しい物です。(実はクラシックトイカメラというジャンルもありそうですが・・・)
posted by moni at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | トイカメラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。