私のFlickr

2008年10月18日

露出の大切さ

ネガフィルムであろうとも、露出は極めて大切だとつくづく感じています。

何が適正露出かというのは、未だに良くわからないのですが、そのときの雰囲気を表現できる露出にしなければ、いくら画像処理をしようとも良いプリントは出来ないです。

一方で、オーバー気味の露出というのは、後で画像処理でそのような表現は出来なくはないのですが、なんか不自然になってしまうことが多いのですよね。ですので、オーバー気味に撮りたいときは、写真を撮る段階で露出がオーバーになるように撮ることを心がけています。(一方でアンダーの方は少し気をつけた方がいいように感じています。なんかちょっと悪い画になることが多いのですよね。)

送信者 summicron 35mm F2.0

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/108007625

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。