私のFlickr

2008年11月18日

このフィルムでのベスト

これが富士フィルムpro160で撮ったときの限界ですね。
私らしく撮れた写真だと思います。なかなかこのフィルムで私らしさを出すのは難しいです。

この写真結構気に入っていて、この怪しい雰囲気がたまらないです。

確かこの写真は、1/15くらいのシャッター速度で、ノーファインダーでの撮影でした。
手ぶれも若干入っていますがそれがまた雰囲気を出してくれています。

この写真を見て、最近低速の撮影の必要性を感じています。どうしても夕刻の森の中ではシャッター速度を遅くしなければならないのですよね。(めちゃくちゃ当たり前ですが・・・。)

そこで、ちょっと三脚やら一脚やらを検討し始めている今日この頃です。
三脚なんて絶対使わないと思っていたのになぁー。面白いものです。

送信者 Voigtlander Bessa R2M / HELIAR classic 50mmF2.0

posted by moni at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | HELIAR classic 50mmF2.0 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。