私のFlickr

2008年12月20日

canon F-1 というカメラ

世の中は、言うほどは難しくはなく、全てがシンプルに運んでいるようではあるが、面倒なことは多々あります。

とはいえ、そんな面倒なことも考えようによってはかなり楽しいこととも言えるわけです。

送信者 Camera(カメラ)


さて、続きにこのカメラについて書いてみましょう!!変な前ふりから入ってしまいましたが、私の周りにもカメラ好きな人がいっぱいいる関係上、どうしてもカメラの話が多くなっていきます。

そんな最中、私みたいな変なカメラばかり集めていると、少し気の毒に感じるらしく、色々と話していくうちに、「少しはまともに使えるカメラを買おう!!」という結論に達して、一眼レフを買う計画が私の意思とは別のところで決定されていったわけです。

個人的には、一眼レフが最高のカメラだと思っているわけではなく、私の持っているカメラはどれもまともだと思っているのですが、そうは言っても善意で考えてくれたものですし、カメラを色々と考えるのは楽しいので、一眼レフを調べるとなかなか面白いカメラが出てくるものです。

私のクラカメ好きということも考慮してくれまして、話し合った結果。選ばれた一眼レフは、キヤノンのF-1というカメラでした。基本、私よりかなり年上の方ばかりなので、このカメラに対する憧れはかなりあるみたいでした。

個人的に気に入った点下記の3点でした。
・質実剛健な作り&黒のボディー
・レンズ群が安い
・色載りの良いレンズ

ということで、買ってしまいました。
価格はレンズを合わせて3万程度でした。本当に安いですねー。露出計も動きますし、ファインダも綺麗で、かなりの満足感のある買い物となりました。

送信者 Camera(カメラ)


さて、このカメラについて少し書くと、
キヤノンがニコンに追いつくために、全精力を注ぎ込んだ製品であり、この高級感ある作りは、次第に失われていきます。一方で、かなりこのカメラ重いです。とはいえ、大きさは結構小振りで、正直重さはそんなに気にならないです。

レンズはどれも大きく、レンジファインダーばかり使っていた私にとっては驚きばかりです。ただ、レンズが大きいのは雰囲気はいいです。ただ、レンズフードはいまいちかっこ悪いですね。

送信者 Camera(カメラ)


レンズはまだプラスチックがあまり使われていない時代なので、結構高級感があります。旧FDレンズの特徴であるレンズ根本の銀帯があるレンズは高級感がまだ残っているみたいです。

このカメラは、F-1の中でも前期型と呼ばれるものです。
まあ、前期と後期どちらが良いという訳ではないのですが、今回は前期ものを探してきました。
巻き上げ感などに関しては、ネットなどでは「ごりごり」するということですが、特に気になるほどではなく、フィルムを入れて巻き上げると、むしろスムーズな位で、正直驚きました。ライカじゃないですが、使う楽しみも与えてくれるカメラですね。しかも、フィルムを撮り終わって巻き上げるときがスムーズなんですよ。これには本当にびっくりです。あと、シャッターボタンの感覚も驚きで、かなり柔らかくかつシャープでして。

このころのカメラは、楽しいものですね。レンジファインダーとはまた異なる楽しみを与えてくれそうです。でも、最近レンズとか急激に増え過ぎて撮影が追いつきません。もっとじっくり楽しんでいきたいですね。
【関連する記事】
posted by moni at 20:00| Comment(2) | TrackBack(0) | CANON F-1 / 50mm f1.4 S.C.C | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
カッコイイのを手に入れましたね。
私が高校生の頃、「AE-1」を持っている同級生はいましたが、さすがに「F-1」はいませんでした。
それがレンズとのセットで3万だとは、驚きです。
作品、楽しみですね。

PS.私の「minolta SR505」も重いですが、これはそれ以上のようですね。首、鍛えなきゃ。(笑)
Posted by SHU_MOMO at 2008年12月21日 01:48
たしかに、首はかなり問題ですね(笑)。

それにしても、カメラばかりが良くなって、腕の方が・・・。
困ったものです。

一眼の楽しみもこれから覚えていきたいと思います。
Posted by moni(レス) at 2008年12月22日 09:23
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。