私のFlickr

2007年11月01日

ライカ(leica)が欲しいです。

最近、ライカが欲しくて堪らないです。はい。

なんでしょう、どんどん物欲に乗っ取られている感じがします。
人は買っても買ってもダメなんですね。

しかも私が買いたくなるものは、なんでこうも古いものばかりなのでしょう。
この空前の一眼レフ時代に、なぜフィルムカメラでレンジファインダーなのでしょう。
我ながら不思議です。まるで1970年以前を生きているみたいな感覚になります。

でもきっとその時代に生きていたら買わなかったのでしょうね。
ただ単に天邪鬼なだけな気がする今日この頃です。

さて、ライカの話に入りますかね。
色々ライカについて調べてみました。

ライカでもっとも有名なものがM型ライカと呼ばれるレンジファインダーカメラです。
特に、M3と呼ばれるカメラは、まさにライカの王道と呼ばれるものです。この最初に生まれたM3というライカが最もライカらしさを含んだカメラではないでしょうか?その後、生まれたM型らいかは、どうしてもM3の完成度を完全に越えることができず、苦しんでいったようです。年々悪くなっていくというのも面白い気がしますがね。

レンジファインダーについては、今度もっと詳しく調べて書いてみますね。

さて、次に有名なのがM2,M4といったところでしょうか。M3は、35mmのフレームが無いために、35mmをつけるには特別なアクセサリーが必要になります。そこで、M2,M4といったものに魅力が出てくるわけですね。M2は、M3の廉価版といわれていますが、35mmが取れるという魅力は廉価版といってもそれ以上の魅力を秘めています。さらに価格も少し安いことが益々魅力を放ちます。M4は、生産台数が少ないために王道というわけではないですが、完成度が高く最も魅力的な機種といっても過言ではないのではないでしょうか?しかし少々お高いのが気になります。さらにM2,M4のデザインがいいという人も多くいます。そうゆう意味でも、M3,M2,M4はどれを買おうか迷う人も多いのではないでしょうか。

個人的には、王道のM3を狙っております。どれも中古しか今はないので買う店がポイントになりそうですよね。誰か良いお店知りませんかね。
posted by moni at 20:57| Comment(2) | TrackBack(0) | 色々なカメラの話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
その後、ベッサは快調ですか?

重い一眼やめて、35ミリ広角一本+MP
にしてからカメラを連出す機会が多くなり
ました。
レンジファインダーはコンパクトなデザインで歩くにもじゃまにならずいいですね。
Posted by 亀ら at 2008年08月23日 16:15
>亀らさん

こんにちは!!
ベッサは元気一杯です。最近、色々とクラシックカメラを触れるにつれ、ベッサの魅力というものにもまた気づき始めています。

益々愛着がます今日この頃です。
ライカMPですね。憧れです。いつかはライカを手に写真を撮って行きたいものです。
Posted by moni(レス) at 2008年08月23日 18:26
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。