私のFlickr

2008年03月18日

pentax LX

会社のセミプロのカメラマンから借りたカメラです。

「一眼レフのカメラってこんなに小さかったっけ?」っていうくらい小さいカメラでした。それでいて、高級感もあって「これだったら売れるだろうなぁ」としみじみ感じてしまいました。

最近のデジタル一眼は、大きいですよね。オリンパスのが小さいのを出したと聞きましたがそれでも大きいみたいですしね。オリンパスは、パンケーキレンズとセットでもっと小さいデジタル一眼だせばきっと売れるのに。

ただ、やっぱり一眼レフは苦手みたいですね。ファインダーに見える像が歪んでいたり、ぼけていたりするのが気持ち悪く感じてしまうのですよ。確かに、写真撮ってみたのですが、失敗は少ないですね。とはいえ、あのあまり変わらない感じが意外性がなくてつまらなく感じてしまいます。まあ、結局はレンジファインダーが好きだと言いたいだけなのかもしれませんけどね。

だた、見た目や機能から見ると、この一眼レフカメラは、現代のデジタル一眼に比べると遥かにかっこ良く、高級感があって、魅力的なカメラでした。









posted by moni at 22:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 色々なカメラの話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。