私のFlickr

2008年03月29日

canon Wsb

現在、私の主力機となっているのがこのcanonのレンジファインダー機「canon Wsb」です。

このカメラは、バルナック型ライカを超えたといわれた一品でした。ただ、この後だったと思うのですが、M型のライカが発売となりまた一気に引き離されたという感じになるのです。

私、このカメラを使っていると、つくづくライカのM型やベッサが良いカメラに思えてしかたがありません。ファインダーの見えというのが私にとっては命みたいなものなのだとつくづく感じました。

シャッター音に関してもあまり静かとはいえず、まあなんとも古いカメラですからといった感じです。またこれについているセレナー 50mm f1.9もなかなか渋いレンズでして、私の腕ではフレアーなどが出てしまい、使いこなすことが出来ないのですね。

ただ、これを貸してくださった部長さんは、「これで腕を磨きなさい。」とのことでした。確かに、腕を磨いてからじゃないとライカとか持っていても恥ずかしいですからね。

とはいえ、最近近所にライカのM6が売っていまして、それがオーバーホール済で15万円でズミクロン50mmつきで売っているんですよね。これは安いと思うんですよね。欲しくて仕方ありません。でも、買えないよなぁー。

おっと、canon Wsbの話に戻ると、作り自体は感動的に素晴らしいです。今のカメラと比べたら天と地ほどの開きがあると思います。その様式美は何者にも代え難いですね。こうゆうカメラは、もう今の世の中では造ることは困難ですからね。貴重です。

このカメラに、スーパーヘリアー15mm、ジュピター12を付けて京都の桜を撮りに行ってきます。果たしてうまく撮れるか甚だ不安ではございますが、がんばってみようと思います。











posted by moni at 22:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 色々なカメラの話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。