私のFlickr

2008年02月27日

中古カメラ市2008 / contax編

さて今日は中古カメラ市で一番興奮したコンタックスの話を書きたいと思います。

前にも書いたのですが、素人でありますし、とにかく有名どころのカメラを触って感触をつかんでおこうと思っていたんですよ。

その中でも、もっとも感触が良く、高級感に溢れていたのがcontax T ver.1でした。versionとか詳しくないのですが、このcontax Tが物凄く良い。何が良いってシャッター音が尋常じゃなく静かでした。私が中古カメラ市で触ったライカが状態が良くなかったのかもしれませんが、ライカM3よりシャッター音が小さく感じました。

そして、黒塗りの高級感ですね。そしてちょこっと現れる金色の部分が、物欲をそそるんですよ。ピントを合わせる方のファインダーはやっぱり若干暗いものの、普通のファインダーの方は、かなりすっきりしていて、見やすかったです。

これで、25万くらいでした。手が出ませんねー。欲しいですね。
ただ結構色んなお店で出品されていましたね。まあほとんど結構汚い感じでしたけどね。

コンタックスというとツァイツのレンズは文句ないだろうから、ボディーが欲しいと思えると、もう非の打ち所がないのですよ。まあ強いて言えば使い勝手は悪そうですけどね。(でも、それはどのクラシックカメラも同じですよね。)

次にcontax Uaです。先にみたcontax Tが最高だっただけに、少しかすんでしまいました。シャッター音も結構大きかったですし、外見もごつくてなんだか少し好きになれない感じがあるのですよね。でもこの無骨さがきっと魅力なんでしょうね。

私の近くのお店にcontax Uaが3万くらいで売っているのを見ると、それはそれで手を出したくなるお値段なんですよね。将来、contax Tを買うとしてそれまでのつなぎというか、レンズ集めのためにという感じでcontax Uaというのも素敵な選択な気がします。

さて、そんなこといいながら、ズミクロンにつけるためのレンズフロントキャップばかり探していた貧乏人です。
posted by moni at 19:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 色々なカメラの話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。