私のFlickr

2008年05月12日

BESSA R2Mの仕様

ネット上の情報はすぐ無くなることも多いので、メモ代わりに載せさせていただきました。

型式

TTL定点合致式距離計連動35mmフォーカルプレーンシャッターカメラ(レンズ交換式)

使用フィルム

35mmフィルム

画面サイズ

24 × 36 mm

レンズマウント

VMマウント

ファインダー形式

R2M 実像距離計式逆ガリレオ透視ファインダー
R3M 実像距離計式等倍透視ファインダー

ファインダー倍率

R2M 0.7倍
R3M 1.0倍

距離計

二重像合致式、連動範囲 0.7m〜∞ 

視野枠

R2M 35mm,50mm,75mm,90mm対応 ブライトフレーム切り替え式、パララックス自動補正
R3M 40mm,50mm,75mm,90mm対応 ブライトフレーム切り替え式、パララックス自動補正

視野率

R2M 87%(3m時)
R3M 85%(3m時)

視度補正

接眼枠(M19ネジ)に視度補正レンズ装着可

シャッター形式

メカニカルタイプ上下走行式メタルフォーカルプレーンシャッター 

シャッタースピード

マニュアル:1/2000〜1秒・バルブ

シンクロ接点

X接点(1/125秒以下の低速シャッタースピードで同調)

シャッターレリーズ

メカニカルレリーズ方式

シャッターボタン

@シャッターボタン一段目:測光
Aシャッターボタン二段目:撮影

測光方式

TTL幕面ダイレクト実絞り中央部重点平均測光

測光範囲

EV1 〜EV19(ISO100・F1.4;1秒〜F16;1/2000秒)

露出制御方式

マニュアル:9点LED(−2 −1.5 −1 −0.5 ○ +0.5 +1 +1.5 +2)による定点合致式

表示方法

ファインダー内LEDの点灯による、○は適正露出、−2は2EVアンダー、+2は2EVオーバー、範囲外は点滅表示

露出読み取り

巻き上げ後シャッターボタン一段目のONによりLED表示が点灯(12秒間点灯、シャッター切り後は消灯)

フィルム感度

ISO25〜3200(1/3ステップ)

フィルム装填

爪付き多スリットスプールによる簡易装填、逆巻き方式

フィルム在否確認

フィルム確認窓による目視確認

シルバーフィルム巻き上げ

巻き上げレバー方式、巻き上げ前シャッターボタンロック 予備角45°、巻き上げ角120°
小刻み巻き上げ可、二重露出防止付、外付けアクセサリー・トリガーワインダーによる巻き上げ可

フィルムカウンター

メカニカル順算式 裏蓋開放による自動復帰 

フィルム巻き戻し

底部巻き戻しボタンセット、巻き戻しクランク回転による

裏蓋

ロック解除レバー操作、巻き戻しクランク引き上げによる開放

三脚ネジ

CU 1/4(JISB7103)に適合

電源

LR44型アルカリマンガン電池2個またはSR44型酸化銀電池2個 430g(ボディのみ、電池なし)

バッテリーチェック

ファインダー内LEDの点灯(OK)および消灯(NG)による

ボディ材質

マグネシウム合金(上カバー・下カバー・裏蓋)ボディはアルミダイカスト

ボディカラー

ブラック、またはシルバー塗装

大きさ

135.5 (幅) × 81(高) × 33.5(厚)

重さ

430g(ボディのみ、電池なし)


R2Mシルバーセット

\138,000(税別)

R2Mブラックセット

\138,000(税別)

R3Mシルバーセット

\138,000(税別)

R3Mブラックセット

\138,000(税別)

posted by moni at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 色々なカメラの話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。