私のFlickr

2008年06月19日

色のあるものを撮りたくなるのですよ。

色というものには、ある程度こだわってしまうというか、発色が良く撮りたいという欲求が常にあるわけですよ。

これはなんですかね。
色がついているものを見ると思わず興奮して撮ってしまうのです。
不思議ですね。

そして、このフィルム kodak 400UCは色を出すときには欠かせないフィルムですね。

前にも書きましたが、カメラを初めて以来、なんだか世の中を色があるかないかという視点で見るようになってしまいました。おそらくモノクロを始めたらさらにもう一つ「白と黒」の世界も加わるのでしょうね。





Voigtlander Bessa R2M sonnar 50mm f1.5 LTM kodak 400UC
posted by moni at 20:00| Comment(2) | TrackBack(0) | sonnar 50mm f1.5 LTM | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは、遊びに来ました。写真を拝見いたしまして、moniさんも何気ない風景を光と影とで切り取っているなと、思いました。私も最近は色を写そうと思っていますが、色の有る被写体をフレーミングするのはなかなか難しいです。また遊びに来ますね。
Posted by Nobu at 2008年06月20日 05:16
>Nobuさん

早速遊びに来ていただいて光栄です。
私なんか、まだまだそんな深いことも考えず、ただただ目の前のものを撮って楽しんでいるだけですよ。

でも早くうまく撮れるようになりたいものです。
ぜひまた遊びに来てくださいね。
Posted by moni(レス) at 2008年06月20日 22:13
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。