私のFlickr

2008年10月18日

露出の大切さ

ネガフィルムであろうとも、露出は極めて大切だとつくづく感じています。

何が適正露出かというのは、未だに良くわからないのですが、そのときの雰囲気を表現できる露出にしなければ、いくら画像処理をしようとも良いプリントは出来ないです。

一方で、オーバー気味の露出というのは、後で画像処理でそのような表現は出来なくはないのですが、なんか不自然になってしまうことが多いのですよね。ですので、オーバー気味に撮りたいときは、写真を撮る段階で露出がオーバーになるように撮ることを心がけています。(一方でアンダーの方は少し気をつけた方がいいように感じています。なんかちょっと悪い画になることが多いのですよね。)

送信者 summicron 35mm F2.0

2008年10月17日

水芭蕉

相変わらず花の写真は難しい!!
それでも、少しづつは良くなってきているような・・・。

葉に落ちる影が織りなすコントラストは、なんだか妖艶で不気味な雰囲気さえあります。もうちょっと綺麗な花の写真も撮ってみたいなぁ。

送信者 summicron 35mm F2.0

2008年10月16日

朝日の中

最近のお気に入りは、早朝に川辺を散歩すること。
鳥達の写真や、朝日の漏れ光を感じながら写真を撮ることは、至福を感じるときです。

水、木、動物、といった最高の癒しの中で撮る写真は、いつも代わり映えしないですが、見ているだけで幸せな気分です。

送信者 summicron 35mm F2.0


送信者 summicron 35mm F2.0

2008年10月15日

agfaな神社

agfaのvistaで撮った神社の写真。

ビビッドな色合いが、ポップな雰囲気にしてくれます。
神社みたいな地味な場所で、こうゆう雰囲気というのが表現出来て、結構好きな写真です。

送信者 summicron 35mm F2.0

2008年10月14日

ズミクロンの魅力

最近、色んなカメラが手に入り、ちょっと飽和状態だったのですが、ここらでもう一度レンズの良さを再確認しているわけです。

ズミクロン意外と写真撮っていなかったんだなって思ったので、また持ち出して撮ってみました。

ズミクロンの一般的な印象としては、
・解像力
・渋い発色
・階調性が良い?

などでしょうか?
これに対する私の印象としては、
・解像力はそれほど高くない
・渋く暖色系の発色が古い感じを出す
・階調性についてはわかりません。

といった感じでしょうか?
おそらく現代のレンズがすばらしいためか、解像力に関しては現代レンズには勝てないのではないでしょうか?写真を見ていると、結構解像していない部分が気になるのですよ。

ただ、それがいい感じにというか、不思議に立体感が出ることに繋がっているようにも感じます(気のせい?)。なんというか、一つ一つを見るとそんなに良くないのですが、なんか全体としていい感じにまとまるのですよ。うーん、不思議です。まあ、フィルムも色々変えているので一概には言えないですけどね。

モノクロで良いと言われるズミクロンですが、カラーも結構気に入っています。最初見たときはいまいちなんですが、次第に惹かれていくのが、また不思議なんですよね。

最近は自然の美しさや強さに惹かれています。
何気ないものなのに、そこに自然はいろんな意味を含んでいます。それだけで被写体といしてはいいものです。

送信者 summicron 35mm F2.0

2008年06月14日

赤ちゃん

今日は赤ちゃんの写真を載せてみました。
最近、私の周りでは出産ラッシュでして。少子化の波があるから、みんながんばって産んでおります。

さて、赤ちゃんの写真はなんとも緊張するものです。下手な写真撮ったら親に怒られますからね。

ただ、撮っていて楽しいものでもありますよね。なにせおもちゃがカラフルで撮っていて楽しいし、赤ちゃんの表情もコロコロ変わるから難しいのがまたいいのですよね。

ライカのレンズはなんとも開放で柔らかく写ってくれたので助かりましたよ。あと、発色がやっぱり自然ですね。ポートレイトの撮影にぴったりな感じです。(おそらく私の持っている個体がそうなだけな気がしますがね。)



Voigtlander Bessa R2M summicron 35mm F2.0 kodak 400UC

2008年06月03日

駄菓子屋

駄菓子屋のあるべき姿を写した気がします。

私の小さい頃にも、こんなお店は近くにはありませんでした。
雰囲気があります。結構好きです。

それにしても、駄菓子屋は子供の頃良く行きましたね。興奮した記憶があります。今、クラシックカメラ屋に行くような感覚でしょうか。そう考えると、昔からあまり変わっていない気がします。なんだか興奮しやすいたちみたいですね。



Voigtlander Bessa R2M summicron 35mm F2.0 kodak 400UC


2008年06月02日

公園っていいですよね。
最近のお気に入りの写真がこれですね。

こんなどでかい象の滑り台いいですよね。小さい頃に遊んでみたかったなぁ。

この写真はネガフィルムで撮った写真なのですが、いい感じの雰囲気が出て、改めてネガフィルムを見直しています。ちょっとネガフィルムにはまりそう!!



Voigtlander Bessa R2M summicron 35mm F2.0 kodak 400UC

2008年06月01日

夏に向かう三島大社

三島大社もすっかり春の様相から夏へと変化してきている気がします。
最近は暑くなりもう夏気分ですよね。

新緑が綺麗で、寺社の赤い柱との対比がなんとも素敵です。

四季折々の三島大社の美しさを堪能しております。
秋になったら更に綺麗なんでしょうね。



続きを読む

2008年05月31日

水が綺麗な町 三島

この町は水が綺麗なことでも有名なんですよ。
思いのほか水が綺麗というのはいいものですね。鳥達は集まるし、なんだか至る所に小さな川が流れていて、涼しげなのです。

というわけで撮った写真を載せてみますね。まあ、水というよりも花という感じかもしれませんがね。





2008年05月14日

小田原城 Voigtlander Bessa R2M summicron 35mm F2.0

小田原城の写真は、15mm広角だけじゃなんとなくもったいないので、ズミクロンでもとってみました。

またずいぶんと雰囲気が変わるのだなって関心しちゃいましたよ。
像の雰囲気がかなり質感良く撮れた気でいます。誰か有名な人の過去の作品を見ていたらこの像をとっている写真があったので、「奇遇ですね」って思わず語りかけてしまいました。

たまに同じアングルで同じ写真撮っている人がいると妙な親近感を覚えることがあります。不思議ですよね。





Voigtlander Bessa R2M summicron 35mm F2.0 kodak E100VS

2008年05月12日

鳥を追いかける

最近、ちょっと画処理をするようにしました。やっぱりフィルムスキャナーで撮っただけだと、鮮鋭度が悪くなるみたいですね。ちょっとピンぼけ風になってしまいます。



Voigtlander Bessa R2M summicron 35mm F2.0 kodak EBX

2008年05月10日

三島大社の桜

もうとっくに桜の季節は終わってしまいましたね。

さて、この写真ちょっと違和感を感じる人はいますかね。
最近、画処理をするようになったのですが、これはレンズフィルタの効果を加えたものになります。




Voigtlander Bessa R2M summicron 35mm F2.0 kodak EBX


続きを読む

2008年05月09日

ちっちゃい子と、鳩。

ちょっと遠目から撮っちゃいました。
でも、お子さん撮るのって難しいですね。なんだか親御さんに怒られそうな気がしまして。

でも、子供の無垢な姿はなんとも健気でいいですね。
鳩を追いかけ回していました。



続きを読む

2008年05月06日

Summicron M 35mm f2.0 6枚玉について

写真工業にだったですかね? ズミクロンの6枚玉について書かれている記事がありました。
5群6枚みたいですね。

第2世代には、特にレンズ構成には違いがないと思っていたのですが、後期のものでレンズの構成が異なるみたいです。違いはレンズ枚数は同じなんですが、張り合わせ面が一面少なくなっているみたいです。

確か、4枚目と5枚目のレンズが離れたみたいですね。

個人的にはこれがどのくらい描画に影響するかわからないのですが、それでも自分のレンズの素性が詳しくわかることは嬉しいものですね。

2008年04月30日

働く姿は輝いている!!

これも結構気に入っている写真ですね。

色んな色の光があって、働く姿を照らしています。
一生懸命働いている姿っていいものですね。

私もがんばらないといけませんね。



Voigtlander Bessa R2M / summicron 35mm F2.0 RXP

2008年04月29日

日本の車窓から

なんだか好きな写真。

この先に続く道がどこにつながっているのか。
そんな気分にさせてくれます。

車内の暗さと、線路の先の哀愁漂う夕暮れは、なんともしんみりとした気分にさせてくれます。

皆さん、お仕事お疲れさまです。
こうやって今日も一日が過ぎていきます。



Voigtlander Bessa R2M / summicron 35mm F2.0 RXP

2008年04月28日

のどかな風景

柿田川公園の写真ですね。
もう何回もこの公園で写真撮った気がします。

ズミクロンで撮った写真は、カリカリッとしてますね。
これもまた結構好きです。評判どおりと言ったところでしょうか。

ズミクロンみたいなガウスタイプは、解像力が高いと聞いたことがあります。特に、ズミクロンは、発売当初、「針で突いたような鮮鋭さ」と言われただけのことはありますね。まあただ、おそらく私の持っている6枚玉のズミクロンのことではないような気がしますけどね。

レンズによってこうも描画が違うと楽しくて、他のレンズも欲しくなりますよね。

ちなみに最初の写真は、ノーファインダーで撮った写真。平和ですね。






Voigtlander Bessa R2M / summicron 35mm F2.0 RDP III

2008年04月25日

沼津散策

結構好きな写真。
沼津の裏通りを歩いてみると意外と色んなものがあるものですね。

ただ、最近自分が鳥を追いかけていることが多いような気がしています。
端から見るとかなり危ない姿なのではないでしょうか?30過ぎのおじさんが写真片手に無心に鳥を追い回している姿を私が高校生のころにみたら多分近寄らないと思います。

まあそのかいあってか、個人的には好きな写真が撮れました。
鳥を撮るのは難しいです。







Voigtlander Bessa R2M / summicron 35mm F2.0 RDP III

2008年04月21日

沼津港

ズミクロン35mmで撮った最初に近い写真ですね。
この写真をみたとき、ズミクロン買って良かったと心底思いました。

砂利のカリカリと表現される部分と、ぼけの自然な感じ。
と私は思いました。

あとなんと言って良いのかわからないのですが、やはりヘリアーと違う雰囲気が出るのですよね。ヘリアーはどっちかというとしっとりとした表現をするのに対して、ズミクロンはカリカリとしながらも柔らかい表現をするといった感じですかね。

なんとも不気味な海の雰囲気が存分にだせたように思います。
それにしてもカメラをだして空にむけると、異常な数の鳥が集まってきてびっくりしました。





Voigtlander Bessa R2M / summicron 35mm F2.0 RHP III
続きを読む

2008年04月07日

summicron用フード 12585

レンズフードというものも、外見を決める重要なものですよね。
ズミクロン 35mmを買った際、やはりどうしても欲しくて買ったフードです。一応純正の12585のレンズフードになります。

このレンズフード、エルマーの50mmf3.5,f2.8の両方にも使え、ズミクロンの50mmにも使えるということなのでかなり汎用性もあり気に入っております。

そのうち、ぜひエルマーの50mmf3.5は買ってみたいと思っているので、そうゆう意味では良かったように思います。

それにしても、フードを付けてみてるだけで恍惚としてしまいますね。これはかなりまずい症状な気がしています。あと、最近は写真を載せていない気がしますね。これはもっとまずいですよね。






2008年03月16日

ズミクロン / Summicron M 35mm F2.0 6枚玉

買ってしまった。

レンズ病にかかると、しばらく仕事も手につかなくなり、やがて夜も寝れなくなってレンズのことばかり考えてしまいます。その後、このままでは体に悪いと自分に言い訳をしつつ、レンズを買ってしまうという結果に至る訳です。自分勝手ですねー。

最近、結婚したばかりなのでそうも自由にお金も使えず、身悶えするばかりだったのですが、なんとかお金を捻出し、購入したわけですよ。

なんとも嬉しいですねぇ。

まあ、前々から書いていたのですが、どうしても35mmのレンズが欲しかったわけですよ。しかもよく使うと思われるので後悔のない物が欲しかったのですね。

このレンズ買ったときは、「もう他の物は何もいらない!」なんて思っていたのにすでに他のレンズが欲しい今日この頃。ボーナスが待ち遠しいです。

そのうち、このレンズで撮った写真をアップしていきたいです。ただ、35mmって結構広いですね。




続きを読む
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。