私のFlickr

2008年12月19日

super wide-heliarの写真

まだまだ使いこなせない広角。
解像力は、まあ甘く、コントラストは高いこのレンズ。

非常に、ビビッドで特徴的な描画をするのだけれども、どうしても似たような雰囲気になってしまいます。また、このレンズでネガファイルム撮影を行うと、もう全然だめ。まだまだ使いこなせません。

広角レンズって使い方が難しいですね。もう少し広角でなくても良かったのかも。
まあ、こうゆうレンズもうまく使うと物凄くいい写真が撮れるはずなんですが。

送信者 SUPER WIDE-HELIAR 15mm F4.5 SL Aspherical


送信者 SUPER WIDE-HELIAR 15mm F4.5 SL Aspherical

2008年11月22日

広角がうまく使えません

広角で撮った箱根の写真も載せておきますね。

どーも、へたくそですね。
広過ぎてうまく構図を作れないのですよ。

京都のときはまだマシだったのになぁー。
この広さは、考えれば考えるほどうまく使えなくなってきています。
早く使いこなせるようになりたいものです。

送信者 SUPER WIDE-HELIAR 15mm F4.5 SL Aspherical

2008年08月31日

自然の壮大さを表現したいとつねづね思っているのですが、なかなか難しいものですね。

そんな中で小技を使って表現するならば、広角レンズということで。
まあ、今出来るのはこんなことくらいですが、そのうちもっとちゃんと自然の大きさをはかれるようになれたらいいのに。



Voigtlander Bessa R2M SUPER WIDE-HELIAR 15mm F4.5 SL Aspherical E100VS

2008年05月14日

小田原城 SUPER WIDE-HELIAR 15mm F4.5 SL Aspherical

小田原城が暗黒の館に見えます。怖いですね。
風景写真には、広角レンズがいいですね。

SUPER WIDE-HELIARは、ほんとうに良い発色をしますね。あんまり腕がなくても結構良い感じの画になるので助かってます。

ただ、少し眠い感じになってしまうのは仕方ないのですかね。

小田原城は、結構面白かったです。外国人が多かったのが結構意外と言えば意外でした。ほとんど歴史に関して見てこなかったですが、鎧や刀などはかなりの迫力で圧倒されてしまいました。行ったことない人は、結構楽しめると思いますよ。



Voigtlander Bessa R2M SUPER WIDE-HELIAR 15mm F4.5 SL Aspherical kodak E100VS
続きを読む

2008年04月15日

横浜へ行く!!

横浜は何気に広角で撮るのが楽しい町ですね。色んな建造物がなんともダイナミックに写ります。

それにしても、横浜は都会ですね。色とりどりで楽しくなります。
それに比べて三島は色あせた感じですね。まあ、これはこれでとても好きなんですけどね。

最近、写真を撮り始めて、色を意識し始めたら町の色ってあるんだと気がつきました。面白いものです。



Voigtlander Bessa R2M SUPER WIDE-HELIAR 15mm F4.5 SL Aspherical RVP50



Voigtlander Bessa R2M HELIAR classic 50mmF2.0 RVP50



Voigtlander Bessa R2M SUPER WIDE-HELIAR 15mm F4.5 SL Aspherical RVP50

2008年04月14日

鎌倉へ行く!!

私、鎌倉好きですね。
でも、カメラ持っている人も多いですね。なんだか半分以上はカメラマンだった気がします。

これ、ずいぶん前の写真なんですが、天気よくて楽しかったなぁ。
レンジファインダーカメラは、お手軽だからいいですよね。
やっぱりどうも一眼レフと三脚を持って走り回るのは、私には辛いです。

古い建築物などをお手軽に見て、楽しめるという意味で鎌倉は最高の場所ですね。
三島からも結構行き易いですし。
晴れた日は足繁く通っちゃいましょうかね。



Voigtlander Bessa R2M SUPER WIDE-HELIAR 15mm F4.5 SL Aspherical ベルビア100(RVP100)



Voigtlander Bessa R2M SUPER WIDE-HELIAR 15mm F4.5 SL Aspherical ベルビア100(RVP100)



Voigtlander Bessa R2M SUPER WIDE-HELIAR 15mm F4.5 SL Aspherical ベルビア100(RVP100)

2008年03月31日

Bintan Island

結婚式の話は昨日書きましたので、その続きで新婚旅行の話を書きますね。

まあとにかく海外行くのは嫌いなので、これが写真を撮る絶好のチャンスであり、めったにないだろうから気合いを入れて沢山撮ってきた訳ですよ。

それにしても、ビンタン島はとても快適な島でしたよ。雨期なのに日本の梅雨とは雲泥の差がある快適さ!!これには驚かされましたね。

そして、写真が撮りがいがあること。こんな写真をいっぱい撮れたら楽しいでしょうね。広角がとにかく生きました。買っていってよかったぁ。このスーパーワイドへリアーは本当にいいですね。周辺光量は落ちまくるものの、それがいい感じだと思いました。そして私の好きな濃い発色をするので、空の写真や新緑の色はとても綺麗に出てくれます。

今度はハワイにでも行こうかなぁ。それだったらそんなに苦じゃなさそうですしね。







Voigtlander Bessa R2M SUPER WIDE-HELIAR 15mm F4.5 SL Aspherical ベルビア100(RVP100)

式場

つい最近結婚したのですが、そのときに撮った写真になります。

自分の結婚式は1回しかないので、がんばって写真撮っておこうと思って、撮りまくってました。なんだかかなり慌ただしかった気がします。

この式場、結構いろんなところでCMなどに使われていて、たまに出てくると誇らしげな気持ちになります。銀のチャペルというのがうりみたいですね。

少しは荘厳な雰囲気は出ていますかね?
なかなか難しいです。







Voigtlander Bessa R2M SUPER WIDE-HELIAR 15mm F4.5 SL Aspherical ベルビア100(RVP100)



2008年02月19日

原宿の写真

結構気に入っている写真ですね。
一枚目は、ちょっと哀愁漂う雰囲気が出ている気がします。
二枚目は、空が綺麗な広角を活かした写真。明るい町の雰囲気が、空の色と相まって生き生きと描かれたと思っています。

まさに広角の威力が出た感じがします。
最近はなんだか色が気になるようになりました。町を歩いていても写真に撮ったらどんな色になるかなって考えてしまいます。
町には色んな色が溢れてますね。





Voigtlander Bessa R2M SUPER WIDE-HELIAR 15mm F4.5 SL Aspherical

2008年01月30日

Super Wide-Heliar 15mm F4.5 Asherical

これは新婚旅行の前に、いい感じの風景写真を撮りたくて買ったレンズです。
広角15mmという、とてつもない代物です。

”Super Wide-Heliar 15mm F4.5 Asherical”

特殊であるとは言っても、意外に安いこのレンズ。
50mmのレンズの次にこのレンズを買ったと人に言うと、かなり驚かれます。
そうは言っても、人の勧めでこの15mmという広角のレンズを選んだんですけどね。

結果から言うとかなりいい感じで写真を撮れたと思います。
広角のレンズと、リバーサルフィルムの組み合わせはある意味最強な感じがします。

近々、写真は色々載せていきます。
それにしても結局は、フォクトレンダーのレンズしか買っていないですね。ライカのレンズが手に入るのはいつのことやら。

以下にメモ代わりに性能を載せておきます。

フォクトレンダーのホームページより下記の内容をメモがわりに引用させていただきます。

●画角110°のスーパーワイドレンズです。雄大な風景はもちろん、引きのとれない場所でもワイド感のある見事な映像を描き出します。

●全長30.7mm(フード込み)最大径49.6mmと超コンパクトです。

●画角110°、超コンパクトにもかかわらず非球面レンズをはじめとする最新のテクノロジーがディストーションをはじめとする諸収差の完璧に近い補正を実現。絞り解放状態より画面隅々までコントラスト、解像力に優れまたその中にも往年のヘリアー同様やわらかさ、深み、そして美しさを表現します。

●被写界深度が非常に深く(ピントの合う範囲が広く)たとえばF4.5の開放でフォーカスリングを2mの位置に合わせておくと、約0.9m〜∞まで、F8で1mの位置に合わせておくと約0.5m〜∞までピントが合い、ほとんどピント合わせの必要がありません。

●互換性の高いLマウントのため、他社製Lマウントボディにも装着でき、TTL測光も可能です。

●明るくシャープな、専用ビューファインダーが付属。眼鏡をかけたままでも画 面全体が見えるハイアイポイント設計です。

※注意 1)このレンズは被写界深度が非常に深い特徴を生かした目測による距離合わせ方式のため距離計と連動しません。

◎レンズ構成/6群8枚◎最小絞り/F22◎画角/110°◎絞り羽根枚数/10枚◎最短撮影距離/0.3m◎最大径/φ49.6mm◎全長/30.7mm◎重量/105g◎マウント/Lマウント

希望小売価格(税別)
レンズ本体・ブラック
(専用ビューファインダー付) ¥65,000
レンズ本体・シルバー
(専用ビューファインダー付) ¥65,000







ラベル:ヘリアー HELIAR wide
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。