私のFlickr

2010年04月24日

モノクロ現像一式 オークション出品

久しぶりに、ブログの投稿なのになかなか切ない話題になってしまいました。

モノクロ現像をやろう!!
と気合いが入っていたのですが、忙しくなってしまい結局出来なくなってしまいました。

そうゆうわけで、新品の状態なのですが、売ることにしました。
こうゆうものがいっぱいおいてあるだけで、新築では目立ってしまうので、置き場所がないのですよ。

どなたか、大切に使ってくださる方にお譲り出来ればいいのですが・・・。
1回も使っていない新品なので、これからモノクロ現像をやろうと思っている方、いかがでしょうか?

こちらで売っています。オークション

R0011996.jpg

R0011997.jpg
posted by moni at 17:53| Comment(0) | TrackBack(0) | カメラ用品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月23日

トリガーワインダー ベッサ用

とうとう買ってしまいました。
トリガーワインダー高いんですよねぇー。

オークションでたまたま安いものがあったので思わず手を出してしまいました。

なぜ、トリガーワインダーが欲しかったかといいますと、一番の理由は、縦にカメラストラップを付けたかったのですよね。昔にペンタックスのLXを借りたことがあるのですが、このときにカメラを縦に下げられる形で、とっても使い易かったのですよ。

更には、トリガーワインダーにも興味があったのですよ。使い心地はなかなかスムーズでいいですね。こうゆうアクセサリーも悪くないですね。(でも速写として使うことは少なさそうですが・・・。)

ちなみにこのトリガーワインダーは、低下だと2万円ちょっとしたと思います。一方でグリップだけだと、5000円くらいでサイドグリップだけでいいような気もしたのですが、縦にストラップがつけれないのが。

さて、使用感ですが、かなりホールディングがいい感じです。手にしっくりくるという感じですかね。私はまだ大丈夫なのですが、男性で手が大きい人は必需品でしょうね。あと、適度な重量感が手ぶれを押さえてくれそうな感じもあります。スタイルもなかなかですし、結構気に入っています。(ちょっとゴツいかもしれないですが)




続きを読む
posted by moni at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | カメラ用品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月22日

ローライコードのレンズフード

レンズフードはどうしても欲しくて、中古カメラ市に行った際に、探してきました。

どうしても古いレンズなんで、フレアーが酷いんですよ。
コーティングもないですしね。

これは、walzというメーカー?のレンズです。国産だそうです。

思ったよりしっかりとしていて、付けた感じも高級感があって良かったです。はい。
金属以外のものがあればそれも考えたのですが、中古カメラ市でも、売ってなかったですね。

まだ写真撮っていないのですが、これを付けて写真を撮りに行きたいなぁー。

まあ、それにしてもこうゆうアクセサリーを探すには中古カメラ市はとってみいいですね。でも、電車代が7000円くらいかかっているから、実はあまり安くついていないかも。ただ、合わせて購入出来るのは安心感があっていいです。




posted by moni at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | カメラ用品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月21日

ローライコードのキャップ

今週は、買ったもの特集になりそうです。
カメラのアクセサリーは、集めると癖になりそうで恐いです。でも楽しいです。

さて、今日は先日中古カメラ市に行ったときに買ったローライコードに付けられるレンズキャップです。これが無いと、かばんに入れているときに心配で仕方が無いのですよね。

本当は金属製のが欲しかった気もするのですが、1万円近くしますし、きりがないのでこちらにしました。これは、600円くらいだったと思います。安いです。

まあ、でも安いなりでそのうち使えなくなりそうな感じはあります。

それにしても、ローライのアクセサリーって高いですねぇー。
本体が1万円くらいなのに、アクセサリーを同じ価格で買う気が起こらなくて。
でも欲しくなるから困ったものです。

posted by moni at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | カメラ用品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月01日

スキャナーの取り込みについて

ちょっとメモ代わりに書かせてもらいます。

 スキャナーで読み込む際の解像度や保存の形式などはなかなか悩ましいものですよね。私もかなり試行錯誤した気がします。もちろん一つだけわかっていることは、最高画質で取り込めば、画質的な問題はないのですが、画像サイズ、スキャナー時間、が大きくなり、現実的ではなくなるのです。

 そこで私はスキャンするにあたり、次ようなことを行っています。少しでもフィルムスキャンを行っている方の参考になればいいのですが。

【機種】
canon canoscan 8600f

【前提】
・スキャンは、PC上で見ることを前提に行う。
・プリントするとしても、L判(それ以上行うときは直接フィルムを出しにいくか、再度スキャンし直す。)

【手順】
・フォトショップエレメント(スキャナに付属)より、スキャン。
・スキャン解像度は、L判で300dpiの出力となるように設定。(6×6のときは、1500pixel × 1500pixelぐらいに)
・連続でスキャンしていき、全て終わったらフォトショップの画像編集モードに写る。
・”複数ファイルをバッチ処理”という項目を選んで、一気に全てのファイルに名前をつけて保存する処理を自動で行います。ここで、保存の形式はjpegのもっとも高画質のものにします(低圧縮)。jpegの低圧縮であれば画像劣化も少なく、後の行程でも問題が今のところないので、この形式にしています。(出来る限りファイルサイズを小さくするため)
・先ほど保存した画像ファイルを「Aperture」で読み込み。画像処理。
・画処理後の画像ファイルを出力。jpegの圧縮を10にして保存。

 なぜ、こんな風なことを今更書いたかといいますと、jpegによるブロックノイズが暗部に発生して困っていたからなのです。ここで挙げたように最初の保存の段階でjpegの最高画質にしておけば問題ないみたいです。tiff形式で保存するということも良く聞くので、すなおにtiff形式で保存した方がいいのかもしれませんがね。

 それにしても、PC上で見るならデジカメの方が圧倒的に相性が良いように感じます。スキャンするのも大変ですものね。デジカメが嫌いなわけではないのですよ。ちょっとまだまだ高いのです。そして、すぐ安っぽくなってしまうのが。私の夢は、クラカメをデジカメ化していくことです。いつかそんな風になればいいなぁ。
posted by moni at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | カメラ用品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月09日

防湿庫

さて、梅雨を目前にして、レンズのカビなどをかなり不安に思っていて、前々から計画していて、とうとう防湿庫を買った訳ですよ。

結構、高いですね。まあ、プラスチックのケースでも良かったのですが、なんとなくこっちの方が整理も出来ていいのではないかと考えたわけですよ。

メーカは、”東洋リビング”のものにしました。

周りのカメラ好きの人達がいうには、東洋リビングがいいでしょう!ということだったのであまり考えもせずにこれにしました。まあ、最近新発売の光触媒のものも出たことですし、ちょうど良いかとも思ったわけですよ。

大きさは引き出しが2つ入る、3段になっているものにしました。
やっぱり使っている人に聞くとこのくらいすぐ埋まるということでした。確かに現時点でさえ、むだなく埋まっているくらいですから、これより小さいのだときつかったかもしれませんね。


posted by moni at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | カメラ用品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月08日

スライドビューア

これ、何気に良く出来ているコニカのスライドビューアです。

リバーサルを見るときにどうしてもルーペはちょっと疲れるんですよね。
そんなときにこれはかなり便利。

何が便利って、マウントしたスライドを30枚くらいストックしておいて、半自動で次々にスライドを交換することが出来る優れもの。

これを作った人って、リバーサル写真とか撮っていたのでしょうね。

続きを読む
posted by moni at 19:34| Comment(0) | TrackBack(0) | カメラ用品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月13日

ミノルタmini スライドプロジェクターの修理

色々不具合がありまして、分解修理をしたわけです。

まずは、このスライドプロジェクターの構造から説明します。
下の全体写真の左側の下にあるボタンを押すことでこの上蓋が開きます。





続きを読む
posted by moni at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | カメラ用品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月03日

スライドプロジェクター / ミノルタ ミニ プロジェクター35

スライドプロジェクターをオークションで買ったわけですよ。

ただ、やっぱり古いものは怖いですね。
結構色んなところにガタがきていました。

ということでかなり分解して、レンズを磨いてという作業をすることになったわけです。まあ、それが結構楽しくて不幸中の幸いかななんて思っています。

写してみたら色温度は少し低めですが、それがレトロな感じでなんともいいです。ただ、かなり熱を発するのでフィルムが解けないように気をつけないと。

そのうち、このスライドプロジェクター ミノルタのmini 35の分解について書いてみたいと思いますね。




posted by moni at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | カメラ用品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月06日

DOMKE F-3X

「カメラに少し落ち着くと、次はカメラバックが欲しくなりますよね。」
と会社の先輩に言われ、なんだか物凄くカメラバックが欲しくなり、買ってしまいました。

さすがにカメラ会社なだけあって周りの人もカメラ好きな人が多く、このdomkeのバックは結構みんな持ってました。でも、やっぱり気になるみたいで、微妙に色違いでみんな買っているのが可笑しかったです。

そうはいっても、そんなに色が無いんですよね。そうゆうわけでdomkeの基本的なカラーでもある「サンド」にさせてもらいました。

レンジファインダーカメラしか持っていないので、どの種類のバックにするかかなり迷いました。これから買う人はぜひ参考にしていただけるとうれしいです。

domkeは、他のカメラバックを色々みたところやっぱりデザイン的に一番良かったです。ジャーナリストが使うっていうところもかなり魅力的でした。問題は大きさですね。迷ったのは、F-3XとF-5XBの2つでしたね。将来的にはF-2を買うのだろうけど、まだ早い気がしていました。F−2は定番アイテムなのでそのかっこよさと使い勝手は文句なしですものね。

さて、結局ビックカメラで2つのかばんを見比べて決めてきました。やっぱりF-5XBは小さ過ぎました。これだと本当にレンジファインダー1台くらいしか運べないです。個人的には、かばんは少し中身が少ないくらいで、ぶかぶかで持ち歩くのが好きなのでF-3Xでちょうど良かったです。F-3Xなら2台のレンジファインダーカメラを持ち歩くことも出来るし、フィルムなども十分に運べます。

ただ、残念なのがA4のノートや雑誌などが入れられないこと。日常に使うには少々不便ですかね。でも、写真撮影が目的ならば非常に使い勝手は良いです。ただ、クッションはあまり良くないのでクッション性を重視する方は止めた方がいいです。

カメラバックこんだけ悩んで買いましたが、行き着くところはカメラバック無しなのかもしれませんね(スナップ写真を撮るならですが、)。カメラ一つをぶら下げて歩き回るのこそがいいのかもと最近少し思ってしまいました。でも今はやっぱり便利だし、かっこいいと思えてしまいます。

ちなみにdomkeのバックはレモン社が安かったです。




続きを読む
posted by moni at 21:39| Comment(0) | TrackBack(0) | カメラ用品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月01日

ポラロイド、インスタントフィルム生産終了

またも一時代が終わってしまうのですね。
ポラロイドというもの、友人が使っているのしかみたことがないけれど、これもまたカメラの大切なカテゴリーでしたね。

ポラロイドのカテゴリーであった撮ってすぐ見れるという部分が完全にデジカメに占領されてしまった今、確かに居場所が無くなってしまったのかもしれませんね。

ただ、なんともあの形はおしゃれでしたよね。
四角のケースが、組み立てられていく様はとても楽しげでした。

この調子でフィルムが全部無くならないことを私は切に祈っております。

ポラロイド
posted by moni at 22:18| Comment(0) | TrackBack(0) | カメラ用品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月07日

リバーサル用グッツ / ルーペ、ライトテーブル

リバーサルフィルムというもので写真を撮っているのですが、そのフィルムには欠かせないのがこのライトテーブルとルーペです。

リバーサルフィルムについて、簡単にいうとフィルム上にカラーの色がついたものと思ってください。なので良く普通のフィルムについてくるあのフィルムがカラフルになっているのですね。

このフィルムを直接見て楽しむわけですよ。
そのためには、後ろからライトを当てて、それを拡大して見るわけです。

そこで必要になるのが後ろからライトを当てるライトテーブル、そしてその上においたフィルムを拡大してみるためのルーペがあるわけです。

でも実際はルーペでチェックしてそれを焼きまわしして写真にするんですけどね。普通は。

もしくは、映写機みたいなもので壁などに投影してみるのですね。これも少しやってみたい気がしますね。

というわけでやり始めるときりがないのでした。



posted by moni at 21:36| Comment(0) | TrackBack(0) | カメラ用品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月13日

カメラのお掃除

カメラを新しくすると、手入れする道具も欲しくなるわけで。

埃を飛ばすエアーと、拭くためのクロスですね。
写真愛好家の人だと必ず持っていそうですよね。でも、なんとなく引け目を感じてしまうのはなぜでしょう。

大切にするのはいいのだけれど、過保護にしすぎるのはちょっと気をつけた方が良さそうですよね。

そうはいってもカメラを磨かずにはいられないのは、かなりいっちゃっている気がします。

レンズは特にカビが生えやすく、ちょっとほっておくとダメになります。これが恐ろしいのです。まあ使っていれば大丈夫みたいですけどね。なのでレンズコレクターにならないように、とにかく実用するレンズのみを所有するということを貫徹したいと思っております。

それにしてもあと欲しいレンズは、35mmは欲しいなぁ。
ライカの35mmがいつか買えるといいのにと心に想いながらカメラとレンズの手入れをする今日この頃です。


posted by moni at 10:09| Comment(0) | TrackBack(0) | カメラ用品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月08日

VOIGTLANDER BESSA R2M & ARTISAN&ARTIST

最近は、デジカメが無くて携帯のカメラで撮っているんで写真が悪いですねぇ。悲しいです。

まあ仕方ないのですけどね。

さて、やっと「VOIGTLANDER BESSA R2M」の写真を載せることが出来ました。
レンズがなんとも言えずチャーミングです。沈胴式のレンズで、レンズが伸び縮みするんですよ!!のばすと一番下の写真みたいになります。

なんともレトロな感じがたまりません。

ちなみに私はカメラを斜めにかけて持ち運びたかったのですが、このカメラを買ったところでは、「斜め掛けできるほど長いストラップは品切れです。」と言われてしまいました。結構、斜め掛けできるストラップってないんですね。よくよくカメラを持っている人たちを見てみると、みんな首から下げているのですよ。

でもやっぱり首から下げるのはちょっと嫌だったので、ネットで探して見つけたのが、ここお店「ARTISAN&ARTIST

ここは、カメラ(主にライカ関係)のストラップやらバックやらを作っていて、結構可愛らしいデザインのものが多く、シンプルでかつデザインも良いのでここのものを購入しちゃいました。長さも120cmと十分そうだったのでこれにしちゃいました。

結構気に入って使っているのですが、長いストラップは撮影のときに邪魔になりますね。これは想像以上でした。移動のときの便利さをとるか、それとも撮影のときの良さをとるか、迷うところです。






posted by moni at 23:09| Comment(0) | TrackBack(0) | カメラ用品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。